着物男子のススメ

和服を着て男を上げよう!

着物買取対象となる帯・羽織・襦袢、足袋・下駄・草履

着物買取には、女性の着物だけでなく男性の着物も持ち込まれます。ほとんどの着物買取業者が、絹織物であれば男性の着物に関しても、礼装や普段着などさまざまな種類の着物を買い取っていますし、その他の小物類に関しても、買取を行っています。近年では、男性も着物を着ることを楽しむようになった人が増えており、着物買取でも幅広い種類の着物に関して需要が高まっていることから、高額で取引されることもあります。

男性が着物を着用するときに必要なものは、それほど多くありません。着物のほかに帯・羽織・襦袢があればすぐに着用できます。また、外出するときには足袋・下駄・草履などがあればよいだけですので、初めて着物を着るときにもそれほど準備に苦労することはありません。最初の内は中古で一式そろえたいと考える人も増えてきているため、着物買取でもこれらの小物類を含めた買取を積極的に行うようになっています。

フォーマルな場面と普段着では帯・羽織・襦袢などの生地や色柄なども異なってきますので、実際にいろいろな場面で着物を着るとなると種類も増えてきますが、まずは気軽に普段着で過ごしてみたいという場合には、普段着用の紬などの着物や帯、長襦袢、着付けのための腰紐があれば十分です。ハリのある生地や亀甲文様などの伝統的な柄があるものなど、女性のような華やかさはありませんが、シンプルで洗練された生地がたくさんあります。裏地に大胆な文様を取り入れたり、同じ生地でアンサンブルを作るなど着物上級者のお洒落な品物は、普段着でもかなりの着物買取り額になることがあります。

一方、フォーマルな席で着用する羽織袴は、近い親族の結婚式などで着用する機会が多いため、普段着物を着ることがない人にも需要があります。こちらは柔らかい生地で通常は黒く染められた紋付の着物に袴、羽織という組み合わせになります。女性の留袖などの礼服と違って、男性の羽織袴はデザインが一通りですので金額も大体固定しており、買取りの時によほど生地が傷んでいるなどのマイナスポイントがなければ、買取金額が分かりやすい品物です。ただ、生地の重みや目の詰まり方、染め方などで品質に違いがありますので、購入したときに高額な品物であれば、やはり買い取りでも高い金額になる傾向があります。小物類もセットにしておくとプラス査定になりやすいので、不要になったセットがあれば一緒に持ち込んでみると良いでしょう。

Copyright(C)2015 着物男子のススメ All Rights Reserved.