着物男子のススメ

和服を着て男を上げよう!

着物買取豆知識:季節・生地、サイズ・身丈・裄

着物買取では、男性の着物も買い取り対象としています。女性の着物と比べて、男性の着物というのはそれほど華やかな色柄があるわけではありませんので、あまり種類が多くないと思われがちですが、実際には日本人らしい繊細な感覚で、季節・生地などの違いがあります。例えば、同じような色合いの着物でも、暑い季節の着物の生地は薄手で風を通しやすくなっていたり、ぼこぼことした織りにすることで肌への接触を少なくするなど、快適に着られるような工夫がされています。一方、寒い時期の着物は匁が重くなっており、目も詰まった生地で風を通しにくく、保温性の高い着物になっています。

着物買取では、このような季節・生地だけでなく、サイズ・身丈・裄なども金額を計算するときに確認します。例えば、着物買取では基本的に仕立て上がりの着物を買い取っていますが、サイズが小さいものは大柄な人が購入できないため、転売できる可能性が低くなります。逆に、サイズの大きい着物は縫い縮めて自分のサイズにすることができますので、需要が高くなっています。同じように、身丈や裄もある程度あるほうが高額の着物買取になりやすくなっています。

この他にも、伝統工芸品であることを証明する証紙がついていたり、有名な作家が手がけた着物である証明書がついているなど、転売するときに付加価値がつけられるものに関しては高額になることがあります。着物買取では、希少価値の高いもの、需要の高いものほど高額で買い取られる傾向にありますので、こだわって作った着物であれば、予想以上の高値になることもありえます。

なお、買取に出すときには、長襦袢や帯などの小物類も付属していると、着物に関連するものを何も持っていない人でもすぐに着ることができるようになりますので、プラス査定になりやすいです。また、カビやシミ、傷、汚れなどが目立ってクリーニングでも直すことができない場合には、買取を拒否されることがありますし、綿や麻、化繊などの絹織物以外の着物も買い取りたい障害としているところがほとんどですので、素材には注意しましょう。何でできている香川からない場合には、業者のところにまとめて持ち込むと、素材や産地などを確認して金額を提示してくれます。査定や見積もりはだいたいどこでも無料で利用できますので、自分の着物の価値が知りたいというときには、複数の着物を持ち込んで査定をしてもらうのも良いでしょう。

Copyright(C)2015 着物男子のススメ All Rights Reserved.