着物男子のススメ

和服を着て男を上げよう!

着物買取豆知識:着物・長襦袢と帯

女性の場合には、着物を着用するときには普段着であっても色々な小物が必要になります。これは、帯をきちんと形作るためでもありますし、男性の対丈の着物とは違い、おはしよりを出さなければならないという着こなしのためでもあります。着物買取では女性の着物だけでなく、男性の着物も扱っていますが、近年では若い年代の男性の中にも気軽に着物を着こなすことができるという便利さに目覚め、需要が高くなっています。そのため、男性の着物買取も積極的に行っているところが増えており、羽織袴だけでなく、普段着の男性の着物も買い取っています。

男性の着物の場合には、着物・長襦袢、帯があれば簡単に着用できます。このほかに、腰紐などもあると便利です。女性のように腰紐を何本も使ったり、小物類をたくさん必要とはしませんので、一度自分で着付けをしてみると、意外と簡単に着られるものであることがわかります。

着付けの流れは簡単で、まず長襦袢を着て腰紐で縛り、着物を羽織ります。背縫いがまっすぐに来るように調整し、前をきちんと合わせて伊達締め(腰紐)で留めます。その上から帯を締めれば完成ですので、手順を覚えれば簡単に着こなすことができます。着物買取では、着物・長襦袢がセットになっていると、小物は浴衣などで使っているもので代用ができることもありますので十分というケースもあります。着物買取では色々な種類の男性用の着物を買い取っていますが、絹織物であることが条件になっていますので、そこは注意しましょう。

男性はそれほど着物を着ることはありませんが、普段着の着物としては紬などが多いです。華やかな色柄のものはそれほど多くはありませんが、裏地が豪華な文様になっており、着替えるときに目に見えないお洒落に気づくなど、粋な着こなしをしている人も少なくありません。また、着物と同じ生地でアンサンブルを作っているようなものもあり、いずれも着物買取での買い取り対象となっています。サイズが大きめのものや身長の高い人の着物は、転売したときにも色々な体型の人が着用できますので、人気があります。また、伝統工芸品や傷・汚れなどの少ない美品、老舗の呉服店で購入した品物などは高額で取引されることがありますので、箪笥の肥やしになっている着物があれば、ぜひ持ち込んでみましょう。予想以上の高収入になることがありますし、収納のスペースを広げることにもつながりますのでおすすめです。

Copyright(C)2015 着物男子のススメ All Rights Reserved.