着物男子のススメ

和服を着て男を上げよう!

着物買取豆知識:礼装着・第一礼装、おしゃれ・外出着

着物買取というと女性の着物を主に取り扱っているような印象を持っている人も少なくありませんが、実際には男性の着物も普段着から礼装まで、幅広い種類の買取を行っています。近年では、古着にそれほど抵抗を持っていないという人も多いですし、男性の中にも着物で生活することの快適さを感じて、着物を積極的に着るような人が増えてきています。そのため、着物買取でも積極的に買取を行っており、綿や化繊などの絹織物以外の品物や、傷・汚れがひどいものを除いては、大体買い取り対象となっています。

男性の着物にも色々な種類があり、一般的に結婚式や卒業式などで着用している礼装着・第一礼装の他に、おしゃれ・外出着があります。 男性の場合には、やはり礼装着・第一礼装を着用することが多いため、着物買取でも特に持ち込まれています。第一礼装というのは黒羽二重に羽織袴の組み合わせで、準礼装がそれ以外の色や素材の着物や羽織と袴の組み合わせです。羽二重、お召し、紬の順に格式が下がっていきますが、厳密には紬は普段着扱いになるため、フォーマルな場では避けたほうが良いこともあります。礼装の場合には、いずれも紋を入れます。着物買取でも良く持ち込まれますし、転売したときの需要も高い着物です。

一方、おしゃれ着としては紋の入っていない着物に羽織や袴をつけることで格があがります。夏場には正絹以外の素材も出ており、小千谷縮みや上布などが人気です。また、基本的には外出するときには夏場でも襦袢や足袋を着用します。着物買取でも多少持ち込まれることがあり、色々な季節に着物を着たいという着物通に人気があります。

男性の普段着は、通常絹織物ではなく、綿や麻、ウールなどが良く見られます。糸の太さや織り方によって種類が豊富にあり、夏場には生地の目がそれほど詰まっておらず、ぼこぼことした生地で肌にべったりとくっつきにくいものが人気ですし、冬場には保温性の高いウールなどで目の詰まった織り方をしている着物が人気です。丹前や作務衣などの気軽に着られる着物もありますので、女性に比べるとかなり普段着として利用しやすくなっています。

このように、着物にも色々な種類があり、実際に着用してみると、着付けも意外と簡単にできます。楽しんだ後は着物買取に出すという方法もありますし、着物に興味のない人で保管している人は、次に大切に使っている人に譲って副収入を得るという方法もあります。

Copyright(C)2015 着物男子のススメ All Rights Reserved.